Archive for 4月, 2011

春の観光シーズン到来。鳥取砂丘の名物、砂たまごと砂焙煎珈琲。砂丘らしい逸品です。

金曜日, 4月 22nd, 2011

まだまだ東日本大震災の余震被害及び原子力発電所の事故が収まりませんが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
お見舞い申し上げます。

砂たまごの発想は、大変ユニークです。「鳥取砂丘の砂に、地元鳥取の昔ながらの放し飼いの鶏から産まれた卵を、地元鳥取の因州和紙でつつみ、250度の高温で25分間じっくりと焼き蒸して作った食べ物です。」(特許出願済 特願2001-251409)

砂たまご誕生秘話
ある冬の寒い日、福部の村衆がストーブを囲みながら、
「なんぞ鳥取砂丘の名物はできんもんかいなア」
「砂丘の砂がよおけ(いっぱい)あるだけ、それを利用せん手はないでなア」
などと話していました。
その時、村衆の一人にあるヒラメキが。
「温泉たまごがあるだケエ、砂たまごがあってもエエデないかいヤ!」
まさにコロンブスの卵的発想でした。
その後いろいろ工夫を重ね、地元の因州和紙で、これも地鶏の「天美卵」をやさしく包み、砂丘の砂で熱するとほんのりこげ目がつき、黄身がイモや栗のような食感になる、不思議な「砂たまご」が完成したそうな。

■砂タマゴ
鳥取の新名物「砂たまご(砂卵)」。鳥取砂丘の砂を実際に製造に使った、鳥取
砂丘ならではの特産品です。白身にほんのりこげ目が付き黄身が芋や栗のような
食感になり、とてもこくの有る味になりました。
販売価格(1箱3個入):347円 税込価格
http://shop.tottori.to/sunatamago/2.html

─◇  鳥取砂丘特産品の紹介  ◇────────────────────

■砂焙煎コーヒー
鳥取砂丘の砂の不思議な力を利用した、新しい焙煎コーヒーが誕生しました。
250度に熱した砂丘の砂を使い、独自の技術で焙煎した、芳醇な香りとまろや
かな味わいの「砂焙煎コーヒー」をお楽しみ下さい。
販売価格(1袋150g):578円 税込価格
http://shop.tottori.to/sunatamago/1.html

ふくべむら特産品本舗
http://shop.tottori.to/sunatamago/

———————————————————–

山陰鳥取春夏秋冬特産旬の市
URL http://shop.tottori.to/
Twitter http://twitter.com/peacifist/
携帯サイト http://shop.tottori.to/i-mode/
E-mail shop@tottori.to
———————————————————–